2007 01123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく楽しめそうなストリートビュー

TVの情報番組で取り上げているのを数回観ました。
確かにそれだけ話題性あるよなぁ。
グーグルマップのストリートビュー。

これだけのデータを蓄積したってのはすごい。
ストリートビューとは言え回転機能を使えば道の両側の
建物や店もしっかり見られるのでかなり楽しい。
しばらくこれで遊べそう。

アメリカで一年くらい前からやっていたとは言え
いつの間にこんなにデータが充実してたのか。

4年前に留学してたときに住んでいたアパートの前の道路は
ワンブロック分だけなぜだかデータがないので観られなかったんだけど
友人のうちはしっかり写ってました。
やっぱり懐かしい~。
住んでたとこの近所。



オーストラリアもそこそこデータが充実。
でも15年くらい前にホームステイしていたうちはどれだか分からず・・・

モスクワとか見られるようになったらすごいだろうなぁ。
っていろんなところを見ているうちに一時間経ってしまいました。
スポンサーサイト

魚の値段が上がらないわけ

ここのところの原油高には本当に参ります。

数ヶ月前に298円で特売されていたゴマ油がいまや498円。
パン屋に行ってみたら、全体的に10-20円上がっているし
牛乳も「特売!」なんて書いてあっても以前に比べたら
特売値段じゃなく、普通に売っていたときの値段だし。

でも実は魚の値段はまだあまり変わってないのです。

漁業関係者がこの前ストやってましたが、何故漁業関係者だけ?
農業従事の人は困ってないのかしらん?
と思っていたらニュースでやってました。

野菜の場合は生産者が卸価格を決められるけど
魚の場合は小売業者が力を持っていて
「この価格でおろしてくれ」と言うらしい。

かつ農産物と違って、生産者から小売業者の間の仲介業者が
多いので、より漁師にとっての卸価格が下がっていくというわけだ。

その比率は小売販売価格を100円とした場合
野菜は44円が生産者に渡るところが
魚の場合は24円しか渡らないらしい。

いまどき仲介業者の数が多いとういこと自体が
生き残っていくことが難しいわけで
この仕組みが変わらない限り、魚の値段は違う意味で
(捕れない。捕りに行く漁師が減る)上がっていくと思われます。
それじゃ、意味ないだろう・・・

最近どきどきしてますか?

昨日ネットのニュースで「お!?」と思い
会社へ行ったらやっぱり同じように思ってた人がいた。

イケメンバンク

ってなんだかイケメン派遣業のようなんだけど(それを期待したんだけど)
実は貯金箱。

少し前に流行った(まだ流行っているのか?)『人生銀行』の対抗馬って感じ?

『人生銀行』にはまったく関心がいかなかったけど
『イケメンバンク』はやっぱり商品名がいい(笑)。

でもイケメンが白黒の荒いドットで表示されて
500円で甘い言葉言われても
やっぱりどきどきはしないと思う。
それも5万円で終わりみたいだし。

ターゲットは10代後半~20代前半??

明日には専用サイトがオープンするみたいです。
http://ikemenbank.jp/

「無視、称賛、非難」という若手育成術

昨日カンブリア宮殿を見ていたら、野村監督の回の一部を再放送をしていた。
そこで野村監督が語っていた若手育成術が「無視、称賛、非難」。

ダメなやつは無視、伸びてきているやつには称賛
ある程度できるやつには非難、なんだそうな。

無視は同感。期待してなければ叱る気にもアドバイスする気にもならない。
称賛も同感。頑張っているなぁ、伸びてきているなぁ、と思う後輩は
誉めてやる気を促進させる。

でも非難はなぁ。
野村監督いわく、「できるやつには期待しているんだ。だから
直して欲しい部分に要求ばかり出てくる(表現はかなり違ったけど)」
ってことらしい。
古田さんも「怒られてばかりでした」と言っていた。

理屈は分かるんだけど、私なら非難ばかりされていたら
へこんでしまって潰れちゃいそう。
私が野村監督の部下になったら伸び悩みそうだな。

松田さんの退任

知らなかった、知らなかった。
タリーズって去年から伊藤園の傘下だったのね。

知ったきっかけは伊藤園の株発行関連の資料を読んだとき。
「・・・『タリーズコーヒー』などの個別ブランドを・・・」
と書いてあってHPをチェックしたら
代表取締役会長も社長も変わっていた。
というか松田さんはどこへ~

こんな記事こんな記事から買収されたのは去年
社長退任はつい最近だったことを知りました。

2年ほど前に『すべては一杯のコーヒーから』を読んで
「情熱があれば夢を達成できるんだ」
とその真っ直ぐで熱い生き様に惹かれていただけに
かなりショック。
スターバックスとどう渡り合っていくのか楽しみだったのに・・・

でもう一つショックだったのは
こういう情報についていけてない自分。
目先の仕事-自分の仕事-だけに目がいっている証拠。
人間として幅が狭くなっているなぁ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。