2007 051234567891011121314151617181920212223242526272829302007 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナル・スペース

パーソナル・スペースを侵害されると
人間は自分の領域を侵されたと感じ不愉快になる。

「自分が感じている距離より相手が自分に感じている距離が近い」と
「なれなれしい」とか「ずうずうしい」と感じるし
逆に
「自分が感じている距離より相手が自分に感じている距離が遠い」と
「そっけない」とか「嫌われているのかも」と思ったりする。

遠くても近くてもお互いが感じている距離が同じくらいであれば問題ない。
お互いが苦手と感じていて少し距離を置きながら付き合うってのも
片方が近寄りすぎるよりずっと良かったりするわけだ。

今日は「この人とは絶対に丁寧語の距離」
と思っている人から思い切りタメ口で話しかけられ
「なめられている?」「親しみ?」と混乱しまくり。

夜は夜で、ある人(男性です)から話しながら何度も肩を叩かれ
それが非常に気になり
「あ、この人は私が取りたい距離より私に近いところにいるんだ」と
認識してしまったし。

不安定な感覚に陥るときってのは
このパーソナル・スペースがズレがあるときなんだと再認識。

人と人の距離は難しい。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。