2007 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いなんて言ってらんない

デジカメは持ってきたのですが、ケーブル持ってくるのを忘れたので
写真は帰国後にならないとアップできないことが発覚。
う~ん、私としたことが忘れ物をするとは・・・


今回は友人達も社会人になってしまっていたため迎えに来られず
San Francisco Airportからはいきなり一人でレンタカー125で行動開始。


日本でもほとんど運転せず、アメリカでも3年前の留学時に数回運転しただけの
私にとってはアメリカでの運転は恐怖。


ぶつける可能性が低くなるよう(&予算の関係上)
小さめコンパクトカーで予約しておいたのに
「あなたラッキーね、無料でアップグレードされてミッドサイズをレンタルできるわよ」
と来た。


え~、私小さい車「が」いいんですが・・・
と申し出たものの
「小さい(安い)車は出払ってしまっているのよ」だと。


ということで毎日ドキドキしながら運転してます。
free way手前で「ここが入り口か!?」と迷っているうちにスピードが落ち
車線をまたぎ、後ろの車にクラクションを鳴らされたのはすでに数回。

事故327しませんように

スポンサーサイト

しばらくお休み

これから成田へ行きアメリカへ飛び立ちます291

トラブルは微妙に積み残したままですが上司にお願いしちゃいました。
なんだか放っておかれそうな気もしなくもないのですが
たまには部下がやっている仕事を把握していただくのもよいかと。

と思ってたらさっそくさっき電話がかかってきました。
休ませてくれ~




ネットワークがダウンすると・・・

今日客先から会社へ戻ったら(21:30)
いつもよりフロアががら~んとしてた。
どうもネットワークが18:30頃からダウンしてしまい
みんな仕事にならなかったらしい。

今の時代、ネットワークがダウンすると全然仕事になりません。
ローカルでやれる仕事の限られること、限られること。
ほとんどのファイルはネットワーク上に置いてあるので
ファイルの更新は全然できなくて
メールの下書きができたくらい(明日の朝一括送信)。

今の会社、ネットワークがダウンするとなぜか案外かなり深刻な状態になる。
通常の状態に戻るまでにかなり時間がかかるのだ。
それもメールだけじゃなく、intranet、internetすべてがダウンしてるときに限って
(ま、それだけ原因もかなり根本的なことだからなんだろうけど)
非常に時間がかかる。

今日だって18:30から私が退社する23:30になっても直っていなかった。
この前は夕方から翌日までだったし。

ネットワークが生命線なのに、緊急時の対策が甘いのか
根本的な設計が悪いのか、本当に復旧が遅い。

これまでの会社ではこんなことなかったんだけどなぁ。




BillyじゃなくてWii

Bilyに興味があったけどWiiでも痩せられるかもね。
思ってた以上に面白い。

wii

消化不良

って体調のことじゃありません。

仕事が消化不良でちょっとやばいなぁと思い始めてます。

やるべきことは分かっている。
やる方法も分かっている。

でも13-15時間労働のあとにどうして新しいタスクに取り掛かれましょうか。

ここ10日ほどずっとあることでトラブっていて、それに80%くらい時間を取られてます。
残り20%でラインマネージャとして組織に絡んでやらなければいけないことや
どうしても並行して片付けなければならないことでそれの担当は私だけのもの
に当てられてます。

なんとか人に振れるものは全部振ってます。
それらの進捗度を確認して気絶しそうになるものの
もう引き受けるキャパはないので
別の指示を出してなんとか進めてもらってます。

が気づけば赤信号のものがちらほら。
やばいよなぁ。



負傷

Second Lifeのログインは50%くらいまで進むようになったのですが
何度やってもCPU使用率100%という状態に陥りあえなく終了・・・

明日からまた戦闘だっていうのにこんなことに時間を割いてしまったので
さっさと寝ようと思って窓を閉めようとしたら・・・

指を負傷しました。

私のおっちょこちょいはかなりのもので
気をつけていてもよく小さな怪我をするのですが
今回は逆側のサッシから空気を入れようと
窓枠を押していったら
そのまま指が吸い込まれ(この時点でおかしいのですが)
もう一方の窓枠との隙間に思い切り右手の小指を挟み出血。

かなり皮がえぐれて血が出てきました。
おぉ痛すぎる・・・

ツメが・・・すでに黒くなってきてます。

早く寝ないといけないのに
あまりにズキズキして痛くて眠れません。

ってブログ書いている場合じゃないんですが
あまりの痛さに眠ることもできず
小指を使わずタイプしてます。

動かすなって話ですが・・・

Second Lifeはまだ遠い

かなり前に登録とインストールだけしていたSecond Life
何度ログインしてもconnectionに成功しなかったので放っておいたのだけど
今日TV東京のワールドビジネスサテライトで特集していたので再びチャレンジ。

そして

・・・

再び挫折。orz

まずアンインストールして再インストールしたら前はでなかった
「XXXというアドウェアが入ってます。削除しますか?」
とセキュリティに引っ掛かる。
同じソフトをインストールしているのに不思議だ。

とりあえず除去してインストール成功。
その後接続を試みたら前回よりは前に進んだのだけど
やっぱり途中で「応答なし」状態に。

IDとパスワード入れてからフリーズするまで15分くらい。
その間にいろいろな処理が走ってはいたけれどあまりに反応が遅い。

かつプログレスバーから判断するに私はログイン成功までの20%くらいしか
処理が完了していない。

あ~いつになったら仮想世界にたどり着けるのだろうか。
回線はあまり太くなくても十分楽しめるらしいので
処理が遅いという時点で何かがおかしい気がしてます。

小さな幸せ

前の会社の後輩からメールが来た。
退職のご挨拶だったのだけれど
私のことを覚えていてくれたことがとてもとても嬉しかった。

私が昔教えたメールアドレスに出してくれたものの届かなかったからと
元同僚に連絡先をわざわざ確認してくれて連絡してくれた。

不義理をしたいわけじゃないけど
会社を辞めてしまって自分の周りの環境ががらりと変わると
なかなか連絡を取るチャンスがない。
メールまめなほうだと思うけど、自分から連絡する人は限られるし
会うとなるとなかなか実現しないし・・・
(こんな生活してたらそうなってしまうんだけど)

疲れた一日に潤いを与えてくれた一通のメールに感謝291

嫌味な女

私は喜怒哀楽が激しいほうだと思う。

でも
「喜」と「楽」は感じるがままに表現してよし
「怒」と「哀」は時と場合によっては適切でないことがあるので出す前に考える
ということを意識している。

周りは私のことを「はっきりきっぱりと批判もする」と思っているようだけれど
あくまでそれは内輪のアンオフィシャルな場でのこと。

オフィシャルなステイトメントとして出す場合には
「(人ではなく)事象にフォーカスしてコメントする」
「先々のことも考えて(怒りは)出さないようにコメントする」
など一応考えている。

が「怒」を我慢しすぎると体内に異常が発生する。
小さな「怒り」が少しずつ少しずつ溜まっていき
ある日突然あふれ出してしまいそうになる。

実は今日ちょっとあふれてしまった。
ただまだ自制心が働いていたので
「ここでキレてはいかん」と抑えたら
怒りの代わりに嫌味が出てしまった・・・orz

嫌味は怒りの変形版だと思うのだけど
どちらかというと「人」を攻撃しがちな表現になるので
本心(なぜ怒っているのか、何が問題なのか)が見えなくなりがち。

これなら怒りを出したほうが良かったよな。
かなり格好悪かったと反省しきり。

しかし怒りの全部が溢れたわけではないので
ただいま怒りを体内で消化中。
なのでもう外で鳥が鳴き始めているのに眠くなりません・・・
(ま帰宅したのも2:30でしたが)

5連続NG

先週今週は面接目白押し。
しかーし、いないなぁ、出来る人って。

少し前に面接してオファーレター出すところまで行った人は
他の企業に流れてしまって、その後はろくなのが来ない。

「プロジェクトマネージャやりたいんです」
(ってその手の経験ゼロなんですが)
「将来はマネージャになって・・・」
(ってその歳でグループリーダの経験もないんですよね)
「お客対応はずっとやってきてまして・・・」
(ってさっき半年で数回しかお客のところ行ったことないって言ってましたよね)

言うのは勝手だけどちょっと勝手すぎるんじゃないか23


地雷踏む

昨日久々に仕事でクライアントから怒られました。
もちろんまだ片付いていなくて
月曜日に対策ミーティングするのですが
どうも私は一年に一度くらい「地雷268」を踏むらしい。

去年もあるトラブルが重なってクライアントがピリピリ262しているところに
こちらがある失敗をしてしまい、一気にクライアントがヒートアップということがあった。

今回も非常に似たパターン。
もちろんこちらに非があり、その対応が不誠実だった部分がある。

些細なミスとは言わない。
きちんと謝罪し、対応策を提示する必要のあるミス。
リカバリするのにコストもかかるし、他の部署も巻き込むようなミス。

それでもいつものクライアントなら上層部を入れてメールを送ってくるということはしない。
それが今回は苦情メール108に先方の上層部がCCに入っていた(汗)。

そのメールを見たときには思わず卒倒しそうに。
とにかく即クライアントに電話をし、まずは謝罪。
その後状況把握とある程度の対応策を講じていたら午前0時490回ってたよ・・・

対応策を講じるためにいろいろな部署に連絡を取っていたときに
「あ~タイミング悪いねぇ。今ちょうどその製品トラブってるから
向こうもピリピリしてるからねぇ。火に油注いだね」
と言われ、納得。

地雷268踏んじゃったみたいです・・・
月曜日会社に行くの憂鬱だわ263

メンターに斬られる

ありがたいことに私には勝手にメンターと仰いでいる人が数人います。
この方は私が出会った方々の中で一番仕事ができると思っている人。

今日はその方と2年ぶりの再会。

いやーばっさり斬られました。
向こうは全然そんな気ないんでしょうけど。

今の仕事の内容を話したら
「なんだ(これまでと)全然違う仕事してるね」
「キャリア生かしてないじゃん」
「なんでそんなとこ行っちゃったの?」
(いや、当時は自分を食わせるためにとにかく就職するしかなかったんですが。
でも耳が痛い・・・)

仕事が大変だと言えば
「(前と全然違う仕事でも)仕事があるだけありがたいと思うべきだな」
「でもちょっと働きすぎだね。過労死するよ」
(と言うそのメンターは私よりもずっと働いてますが)

転職についての意見を聞けば
「収入とポジションが上がらない転職はする意味ないからね」
「会社辞めて転職して収入が伸びた人ってどれくらいいる?」
「そんなお局そう簡単に雇ってくれないよ」
(最後のセリフは余計なんですけど・・・)

私の良いところと悪いところを指摘してくれと頼めば
「良くも悪くも生真面目だから、損する性格だよね」
(ひえ、やっぱり損してるんだ私)

外資は向いているかと聞けば
「向いてないね。
(外資系の個人商店的なやり方になじめるほど)割り切れる性格じゃないから」
(え、じゃあ今の会社じゃダメじゃん)

あとはここに書けないことモロモロ。

もう気持ち良いくらい斬られました。
なんとなく最近、悩み多い日々を送っていたのですが
斬られて多少スッキリ(ってマゾか、あたしは)。

外資は向いてないけど、転職するなら上に向かう転職をしなきゃ意味ないってことね
というのが私の結論。

この歳になるとざっくばらんにアドバイスしてくれる人は本当に少ない。
なのでとても有難いことです。

英語は字幕のように

今日ある会社の社長さんと会った。
その人はアメリカ人だったのだけど、相手が社長さんというのもあって
いつもより
「正しい英語を話そう」
と力んでしまった。

そして改めて気づいたこと。

英語を話しているときは頭の中に字幕が浮かぶ感じだ。

同僚と話すときには適当に英語を話していたので忘れていたけれど
「正しく話そう」と意識すると
話し出した途端、文字が頭の上を右から左に流れていく。

そして話しながら
「あ、三人称単数間違えた」
「あ、時制が一致していない」
「ここは過去形じゃなくて過去完了でしょ」
「to不定詞じゃなくてingだよね」
と自分で添削していたりする。

言い直すときもあるし
そのまま「ま、この程度のミスはいっか」と流すこともある。

みんなはどうなんだろう。
母国語じゃない言葉を話すとき
どこまで何を意識しているのだろう。

しかしこの字幕が消えない限り
私がネイティブに近づくってことはないんだろうな。

惹かれあうもの

自分と考え方が似ている人。
自分と考え方が違う人。

light

前者は一緒にいて心地よい。何を話していても
「そうそう、分かる分かる」となる。
何をどう話しても同意してもらえるだろうという安心感が心地よい。

後者は一緒にいて微妙に居心地悪いときもあるんだけど興味をそそられる。
自分と違う考え方や感じ方が新鮮だったりする。
話し出す前にちょっと緊張したりしたりもする。
分かってもらいたいから言い方も工夫したりして、でもそれが負担でもない。

ただ後者の場合は全部が全部合わないとやっぱり付き合うのは難しい。
10%の共通点で盛り上がり、90%の相違点で盛り上がる。

どちらの友人も大切。
そして案外長く続いているのは後者だったりもする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。