2007 081234567891011121314151617181920212223242526272829302007 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックブック

fc2の調子が怪しいので、記事をアップするのがちょっと怖いですが・・・
久しぶりに胸が詰まる映画をDVDで観ました。

blackbook

【“ブラックブック”の続きを読む】
スポンサーサイト

ショックだ・・・

もらったコメントにレスをつけようとしたらなんだか画面がおかしい。
コメントが見られないし、コメント欄が出てこない。
fc2のサポートページへ行ったら
「あーしてこーして再度画面を確認してみてください」
と書いてあったので
「あーしてこーして」
やったら、9月8日以降の記事が全部どっかへ行っちゃった・・・

おいおい、どーにかしてくれ。
私のレーシック体験談といつもよりは頭を使って書いたHarvard Business Reviewの記事。

二度と同じものは書けないんだけど・・・263

ユーザQ&Aのところへ言ったら同じようなクレームが多々入ってた。

お客様主義

体調もだいぶ戻ってきて、身の周りのいろんな頭痛ネタもちょっとずつ前進してきて
難しい本を読む心のゆとりが出てきたので、最近は時間があれば本屋へGO

「会社を休んでいて頭が悪くなってしまったんではないか」
という恐怖もあって買ってしまったHarvard Business Review 10月号。


hvs10




2007.10.2記
この続きは先日のfc2の不具合により消えてしまい、キャッシュにも残ってなくて
復活できませんでした
コメントのリンクを復活させるためだけにこの部分だけアップしました。
また考えがまとまったら「続き」を書きます。


最近覚えた単語

最近覚えた英単語。

coy, cranky, booze, pedophiliac, smack, bail, per se,...

このうち普通の会話で使える単語ってどれ?

今日会った外国人の友人にsmackboozeを聞いてみたら当たり前だけど即答。
でも
「あまり使わないかな」だって。

ドラマや映画ってコンテキストの流れから単語を覚えられる格好の場だけど
見ているものが何かによって活用できるかどうかはかなり変わってくる。

私がここ一週間で2度も見てしまったのは
Desparate Housewives Episode Season 3

当然まだ日本版は出ていないので(日本ではまだSeason 3が放映されていない)
アメリカのリージョンコードのDVDを購入してPCで鑑賞。
このドラマ大好きなんだけど出てくる表現や単語があまりにもカジュアルすぎて
自分で使っていいかためらわれるのよね・・・




 


手術そのものは・・・

もったいつけて書くほどでもなかったのですが
レーシックの手術(正確にはイントラレーシック)そのものは超短時間で終了です。

手術前に数種類の最終検査が済んだら
麻酔の目薬を入れてもらって10分くらい待機。

その後2種類の手術を受けます。
フラップ作成とレーザ照射

どちらも医師はほとんど手をくださないというのがすごい。
はい、コンピュータ制御でやってくれるのです。

フラップ作成では、瞼を固定されて(眼を開かせられて)角膜剥離後
レーザでカットしていく(フラップを作成する)のですが、その間20数秒(片目)。
カットされている間、眼の前が白くなって何も見えなくなります。
医師はデータを入力後瞼が固定されたら器械にお任せで
上から見ながら「大丈夫です。順調です。」と励ましてくれます(笑)。
で、そのフラップ(蓋)を戻してくれてフラップ作成終了。

怖かったのは、次のレーザ照射のところへ移動するまでの間10分くらい
眼を閉じて休息するのですが、眼を開けたときにフラップが瞼にくっついて
開いてしまわないかということでした。
が、そんなこともなく自分で歩いて次の部屋へ移動(笑)。

ここではフラップを開けてレーザで角膜を削られます。
なので近視度によって照射時間が違ってきます。
私のときは右目13秒、左目9秒。
でフラップを接着して終了~。
ここでも医師の仕事はフラップを開けるのと接着することのみ。
すごいな技術ってのは。

その後15分休息したら簡単な検査してすぐに帰宅です。
手術は短いとは聞いていたものの
本当に手術そのものはあっという間でちょっと拍子抜け。

術後は「初めてハードコンタクトをつけてみました」というような感覚。
痛みというより異物感。
眼があまりちゃんと開けられなくて、でもちょっと下向き加減なら大丈夫。

数時間はTV見るのもつらくて、でも眼をずっと閉じているのも禁止
(寝るのは厳禁-眼が乾いてしまうらしい)で
どうやって時間潰したらいいか分からなかった(苦笑)。

それでも数時間経つとだいぶ慣れてきてTVも見れるようになる。
そして一晩越せば80%くらいは異物感なくなってスッキリ。

私は初日から禁止されていたTVもPCもお酒もやってちゃいました。

手術前検査

レーシックの手術を受けることができるかどうかの検査のために
検査の一週間前からコンタクトは使用禁止です。
その理由は眼にコンタクトの跡がついてしまうと
正しい検査ができないからとのこと。

私は途中一日だけコンタクトをしてしまったのですが、
それを伝えたときには
「コンタクトの跡がついている場合検査を中断して受けなおしてもらうことになります」
と言われてちょっとあせりました(汗)。

さて検査当日。予約してある時間に病院へ行ったら大量の人。
レーシックってこんなに当たり前のことになっているんだとちょっとびっくり。
周りではまだ20人に1人くらいしかいないんだけどな。

検査そのものは眼圧検査、視力検査、角膜の厚さチェックなどなど10数種類。
人間ドックとかではお眼にかからない機器だらけで
「これらの器械を揃えるには初期投資233が必要だな。だからレーシックは高いのか。」
と妙に納得したりして。

子供の頃、眼科に行ったら眼に注射をされて
それはそれは怖い思いをした記憶があったので
そんなことがあるかもと覚悟していったのだけど
今どきは何でも目薬なのね。

瞳孔開かせるのも目薬。麻酔も目薬。
なので「怖い」とか「痛い」とかはまったくなし。

しかし10数種類の検査を受けて受付から会計まででトータルで正味2時間弱。
そのスムーズさはさながら大病院で人間ドックを受けているかのよう。
でもスムーズすぎて人間扱いされているような気がしなかったのも確か(苦笑)。

カルテを間違えて違う人の視力データを入れたりしないでね


それだけを願った私でした。

検査の後遺症は
瞳孔を開かせる目薬のせいで病院を出てからは近くに焦点があわず歩きにくかったこと
ですね。

受験の神様

というタイトルのTVドラマを見る機会があって
「いまどきの小学生は大変だぁ」と思っていたけどひとごとじゃなかった。

甥っ子は小学校4年生。で当然塾に通っております。
遊びに行くとときどき「お勉強チェック当番」に割り当てられるのですが
これがなかなか辛い。解答見ずに堂々と教えられる質問の少ないこと263

とりあえず社会と理科はパス。
英語なら・・・と言ったらさすがに小学生には英語は受験科目になくて私の能力は役に立たず。

算数はかろうじて70%くらいは解くコツを教えてあげられて一安心。
(70%じゃ少ないか・・・)

そして国語。

book2

「以下の文章を4つの段落に分けなさい」
「作者の考えと一番近いものは次のうちどれですか?」

わかんね~

私、文系出身ですが、実は国語の文章読解は得意ではない。
私は作者じゃないから、その人の考えとは違うんだと正当化していたけど
それじゃ通用しないよなぁ。

解答見てみたら、やっぱり私の頭の中で考えていた答えとは違ってた(汗)。

視界良好

数ヶ月悩んだ末、とうとうレーシック317手術をしました。
かなり前から興味はあったのですが
周りで数人最近受けた人が出てきて決心が固まったので。


結果は

・・・

いや~楽です。319

お風呂に入ってもよく見える(お風呂ではいつも裸眼だった)。
ベッドに横になったままでもTVがよく見える。
夜中にトイレに行くときもめがねが不要。
夜疲れて帰ってきてもコンタクトを洗浄する必要がない。

などなど、些細な喜びがあちらこちらに。
まだ今は眼を強くこすったりしないよう
眼に汗や水が入らないようにと言われているので
「全く気にしな~い」
というところまではまだしばらくかかりそうですが。

手術がどんな感じだったかは、これからぼちぼちアップしますが
迷っている方にはお勧めします。

ちなみに手術そのものは全く痛くありませ~ん。
ただレーザー照射手術中に
「あ、眼が焦げている」と思ったくらい(笑)。

Krispy Kreme PART II

先日アメリカ滞在記の一つとしてアップしたKrispy Kremeですが
とうとう新宿のお店へ行って参りました~

この日はラッキー(!?)にも30分待ち。天気が悪かった305からかな。

kk1


【“Krispy Kreme PART II”の続きを読む】

始発

始発172まで飲む52なんてここ数年なかったけど、昨日は珍しくそんな日でした。

私の体は案外太陽44リズムに正直で、明け方寝ても昼すぎまでとか、夕方までとか
寝ていられなくて起きてしまうので、たっぷり睡眠時間を確保するには
ある程度までの時間に寝ないとダメなのだ。

特に今は自宅療養の身。
日によってかなり体調のup downが激しくて
体調のいい日はいつも通り全開フルスロット
でもダメな日は夕方くらいまで体が重い
という感じなのでちょっと気をつけないとダメなのだ。

なので昨日も「まぁ遅くても朝3時には家に帰って来たいなぁ」
と思っていたんだけど
とても楽しい時間だったので帰る気になれなくて
結局朝5時すぎまで恵比寿にいました・・・

広尾で軽く引っ掛けてからclubへ行き、飲んで踊って朝4時。
その後移動して立ち飲み屋へ。

帰宅したのは朝6時。
その後化粧だけ落として速攻でベッドに入ったけど11時には眼が覚めてしまった・・・
でもまだお酒は残っているし
ふくらはぎはパンパンで(ヒールで踊っていたから)足はだるいし痛いし
もう眠れないし
そして体調はやっぱりdownの日。
夕方まで使い物になりませんでした。

いい人、楽しい人と飲んだり遊ぶのは元気の素なので全然後悔はしてないんですが
ちょっと羽目はずしすぎたかも。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。