2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1089 x 9 = 9801

ですね。
小学校四年生の甥っ子の塾の宿題に
「1089 x 9 = 9801のように、ある4桁の数に一桁の数字をかけると
答えが逆の順番になる数があります。
さて同じように4をかけると逆になる4桁の数字はなんでしょう」
という問題がありました。

「算数と英語は教えてあげるよ」と言ってしまったので
甥っ子が私のところに持ってきました

頭の体操にどうぞ。
私はおばのメンツにかけて、なんとか自力で解きました
かかった時間は・・・ヒミツです

しかし四年生でこれは難しい気がする。
スポンサーサイト

ハロウィン?

義理の妹の許可をとって、我が甥っ子たち、とうとう顔出しです。
あまりによく出来ていたので正面から。
私を驚かせるためにこんな風におめかし(ハリーポッター風)。

マントは義理妹製作、ネクタイはドンキ、メガネはネットで入手したそうです。
よく出来てます
右側の甥っ子は私が連れていたときに「息子さん?」と聞かれたことあり。
左側の甥っ子はNY生まれ、ロンドン育ちでなんとか英語力キープしているようですが
文型とかは全然分からないもようです。

おばばかですみません。

harry2

甥っ子とデート

昨日は上の甥っ子の誕生日プレゼントを買うために新宿で雨の中待ち合わせ。
いつもは厳しい伯母なので(笑)買ってあげるものは本限定なのですが
今回は誕生日ってことで、甥っ子所望のプラモデルに。

久々に足を踏み入れた不思議世界
かろうじて初期の頃TVで見ていたガンダム関係のプラモデルが希望だったので
なんとなく話についていけるものの、バリエーションが多すぎ・・・
本人所望のものを購入いたしました。

甥っ子と会うときはたいてい弟や義理の妹が一緒なので二人で歩くなんて
すごく珍しいこと。
「(雨で)足が濡れるね!(新宿で)」
「このモデルは初期のやつなんだよ。やっぱりアムロかシャーが乗ってる
やつがいいな(プラモデル選びながら)」
「このゲームはね、やってると酔うんだよ(店の中で)」
「プラモデルが(袋の中で)濡れないかな(帰宅途中で)」
「そっち歩くと水溜りが多いよ、こっちがいいよ(帰宅途中で)」
などなどたわいのない会話をするのがとても楽しいし
やっぱり子供は可愛いなぁと思う。
じじばばの気持ちがよく分かる。
でももうあと1、2年したら親離れしちゃうんだろうけど・・・。

プラモデルそのものは開けてびっくり。
今どきのプラモデルって一枚のシート(というのかどうか分かりませんが)の中で
色が分かれてる

gundum


これはバンダイの静岡工場でしかできないものだそうです(by弟)
やっぱりすごいぞ、日本の技術。
それもこのガンダムのは、かちっかちっとはめて組み立てていくもので
ほとんど接着剤を使わないんだそう。
ちょっとずつパーツを接着剤でつけつつ乾くのを待って・・・という
スタンダードなプラモデルの世界とは全然違うのね。

週末の大半が野球と塾の勉強で終わってしまう小学四年生。
いつになったら完成するのかな。

【“甥っ子とデート”の続きを読む】

松田さんの退任

知らなかった、知らなかった。
タリーズって去年から伊藤園の傘下だったのね。

知ったきっかけは伊藤園の株発行関連の資料を読んだとき。
「・・・『タリーズコーヒー』などの個別ブランドを・・・」
と書いてあってHPをチェックしたら
代表取締役会長も社長も変わっていた。
というか松田さんはどこへ~

こんな記事こんな記事から買収されたのは去年
社長退任はつい最近だったことを知りました。

2年ほど前に『すべては一杯のコーヒーから』を読んで
「情熱があれば夢を達成できるんだ」
とその真っ直ぐで熱い生き様に惹かれていただけに
かなりショック。
スターバックスとどう渡り合っていくのか楽しみだったのに・・・

でもう一つショックだったのは
こういう情報についていけてない自分。
目先の仕事-自分の仕事-だけに目がいっている証拠。
人間として幅が狭くなっているなぁ。

消化不良

仕事に復帰して2週間。
ようやく不在だった間に起こったもろもろの概要が理解できてきた。

私が休職中にこんな事件があったとか、あんな事件があったとか
だから〇〇さんにムカついたとか、かなりXXさんは狡猾だと思ったとか
私がいなかったから△△さんはそこにつけ込んでさぼっていたとか
みんな言いたいこと満載(苦笑)。
ま、いい話より愚痴や文句のほうが溜まるものだから仕方ないんだけど。

マネージャとしてはそれを一通り聞いて、受け入れてあげて
気持ちはすっきりしてもらって、対策採るべきところはとって
みんなに気持ちよく仕事してもらいたいと思うわけで
そうなると何が起きるかというと

私の中に「負」が溜まるわけです。
愚痴や文句をその対象の人の指導に変えていくってすごくパワーがいるから。

例えば「〇〇さんは人に振るだけで自分はやんなかったんです!
私がやった結果もちゃんと見てくれないし」
という報告があれば、〇〇さんには
「あなたの責務は決断をして最終責任を取るということです。
決断力をつけるというのが次のあなたの課題ですね。
信頼して任せてもいいですが、どの案でいくのかを決めるのは
〇〇さんの責任であって下の人がすることではありません。
万一下に判断させたとしてもそれに対しての責任を負うのは〇〇さんです。」
と懇切丁寧に解説しないといけない。

正面切って注意するとプライドが傷つく年齢の人とかもいるのですごく気を使う。
こっちが負の遺産を消化しきれなくて辛くなりそうだよ、まったく。
文句だけ言っていられる立場が懐かしいね。

My Policy

『やってみせ 言って聞かせて させて見せ ほめてやらねば 人は動かじ』
by 山本五十六

格好つけすぎかもしれないけど、私はこの言葉が大好きだ。

口だけ上司は自分が嫌いなので、それはしないように。
自分が率先して動く、行動で見せる。
私が誉められると嬉しいから人にもそうする。
何かやってもらったら「ありがとう」と必ず言うようにしてる。
みんなにも気持ちよく仕事してもらいたい。
みんなが自分が成長していると感じながら仕事をしてもらいたい。

でも

自分が率先してやると、下への無言の圧力になることもある。
お手本を示すと、自分で頭を使わず真似るだけの部下もいる。
言って聞かせると「うざい」と思う部下もいる。
やってみせれば、上司がやってくれてラッキーと思っていつまでたっても
頼ろうとする部下もいる。
ということが最近分かってきた。

でも誉められて嬉しくない人間はいないと思う。
感謝されて嫌な気持ちになる人間もいないと思う。

相手の性格に合わせて、大きく任せる、しばらく助けるとか
やり方にバリエーションをつけても「誉める」ことは忘れないでいたいと思う。

今でも上司から「よくやった」と言われると私も嬉しいから。

体内時計

基本的に寝起きがとてもいい私は
寝不足だったとしても、目覚ましが鳴ったら即止めて即起き上がる。

2個目の目覚ましで目を覚ますことは一年に一度あるかないか。
目覚ましを知らぬうちに止めてしまって遅刻というのは数年に一度あるかないか。

それどころか目覚ましが鳴る直前に目が覚めることがよくある。
知らないうちに自分に「起きる時間」プレッシャーをかけて
体内時計をセットしているらしい。

先週の金曜日は用事を済ませてから出社したくて
いつもの起床時間より1.5時間早く起きなければならなかった。
さすがに「寝坊したらどうしよう」なんて心配しつつ目覚ましをセットして就寝。

そして翌朝。
なんとなーく目が覚めて
「もう少し眠れるだろう」と時計をチェックしたら予定時刻の数分前。
「仕方ない。起きるか」と起きてアラームをoffにしようと時計をみたら・・・

なんとどこをどう計算間違いしたのか
起床予定時間の一時間後にセットしていた

良かったよ、体内時計で目が覚めて。
危うく人との約束をすっぽかすところでした。
改めて朝型の自分の体に感謝。

HairSpray

復職して一週間。
やっぱり残業禁止は守れなくて、少しずつやってしまいました・・・

上司も「帰って、帰って」と言ってくれるのはいいんだけど
それなら仕事そのものを引き上げて欲しいんだよね。
下に振れない仕事が溜まっているわけだから。

そんなこんなで残業量は少なくても、まだ本調子でないこともあって
どっと疲れました。で、今日は心を癒しにこんな映画へGO

hairspray





【“HairSpray”の続きを読む】

そういうとき

同僚のドイツへの転勤が決まった。
と言っても現地採用なので
日本法人は辞めて向こうで再入社ということになるらしい。

彼が「海外(うちの会社の支社)で働いてみたいんですよ。
誰か紹介してくれる人いませんかね」と言ってきたのが5月くらい。

その後、紹介してあげた外国人の同僚経由でとんとんと話が進み
それとほぼ同じタイミングでドイツ人の同僚からドイツでの就職話も来て
最終的に両方とも合格してしまった。
悩みに悩んでドイツに決めて、年内には向こうへ行ってしまうらしい。

電話面接の前には
「英語ですよね、どうしましょう。
何聞かれますかね?〇〇さん(私のこと)ならどんなこと聞きます?」
と超緊張していた彼。

数少ない同期の中の気の合う一人なので、ちょっと淋しい。

でも
「あのとき勇気を出して行動を起こさなかったら・・・」
「あのとき現地に空きポジションがなかったら・・・」
「あのとき電話面接にちゃんと準備して臨まなかったら・・・」

「この話は成功してなかったね。結局そういうときだったんだよ」
と二人で結論づけた。

彼は実力をうまく運や縁という波に載せたんだと思う。

うまくいかないときは続くもので・・・の反対で
うまくいくときは全てうまくいく、のパターン。

改めて運気の流れみたいなものを感じた。
だからというわけではないけれど
来月からタロット習うことにしました~♪

tarot



危ない、危ない

今日は復職第一日目。
目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまって
「やっぱり小心者なのね・・・」となんだか負け犬気分

「会社の前で足がすくむとかあるのかなぁ」というのは杞憂におわり
すんなり職場にカムバック。

最初の仕事はメールボックスの整理。
会社規定のサイズから大幅にオーバーしていて
メールボックスは溢れていたんだけど
かろうじて全メールがinboxに入っていてビックリ。

逆にそのせいで要らないメールを削除するのに時間がかってしまった・・・
ある程度のサイズにまで落とさないと、自分がメール出せないし。

上司は気楽に「昨日までのメール全削除でいいんじゃないの~」って言ったけど
タイトルだけで「あ、これは私にしか来てないもので対応されていない可能性大」
というのもあったので、そうもいかず・・・

そして当然のことながら「あ~これそのままになっていたのね~」とか
「客に突っ込まれそうな対応しちゃってるなぁ」というものも幾つか。
それでも前ほど慌てなかったのは
休んでいた罪悪感(任せていたのだから仕方ない)があって
一歩引いた目で見るしかなかったからかも。

一歩引いて仕事と付き合うってしたことないんだけど
(いつもがっぷり四つに組むというやり方ばかりしてきたので-苦笑)
それが今後の課題だなぁと思った一日だった。

気づいたらすっかり定時過ぎていたし・・・。
危ない、危ない。
また「働きマン」のわなに落ちるところだった・・・
「私がやらないと」
と張り切るのは部下の迷惑だったりするのよねと自分を戒めて退社。

一応「残業禁止」の身でした



『進化しすぎた脳』

先月私が体調が悪い…と話したとき、海の向こう側からこの方がこんな本を薦めてくれました。

sinka.jpg






【“『進化しすぎた脳』”の続きを読む】

実りの秋

前にも書いたことがあるのだが
私の実家は名古屋駅から普通電車で15分くらいのところにある。
渋谷から15分じゃまだまだ都会のど真ん中。
でも名古屋から15分だとこんな風景に簡単に出会える。

inaka


【“実りの秋”の続きを読む】

一番の治療薬&お礼

休職期間中、体調を元に戻すために意識してやったこと。
それは「大好きな友人達と会うこと」。

大好きな人達と会えば、リラックスできるので体の緊張はない。
私は飾らなくても無理しなくてもいい。
ちょっとずれた発言をしても反対意見を言っても
お互いに受け入れられるキャパがあるから安心して話ができる。
議論にはなってもケンカにはならない。

「リラックスできる人と会う」
これがキーでした。

休職中に会った人の数は30人を超える勢い。
それもパーティで大量の人に一気に会ったというのではなく
せいぜい1:3とか。それも30人の中には2度3度と
あった人もいるから延べ人数にしたら40人くらい?

確かに予定表を見たら休職してすぐはさすがに出かける元気もなく
数週間は予定が空白の日が多いのだけど
(「かいこ」となりとにかく体を休めていた時期)
元気を取り戻してきたらダブルヘッダー、トリプルヘッダーもあり(笑)で
「全く何も予定なし」の日の少ないこと(苦笑)。
「〇日〇時からアメリカのXXさんとスカイプ2時間」と
「ネット上でのお茶会」という日もあったし。

いろんな人と会って、真面目話して、バカ話して
ようやく「自分らしいバランス」が戻ってきたなぁという感じです。

私の誘いに付き合っていただいたみなさま。
本当にありがとうございました。
みなさんのおかげで、私は「危ない人」への道をかろうじて踏みとどまり
「私自身」へと軌道修正できたと思っています。

職場復帰したらまたしばらく次の会合まで時間が空いてしまうかもしれませんが
どうぞ見捨てず友達でいてください。お願いします。

ここからは「自分」という領域をどれだけ崩さないで、仕事と対峙できるか
がキーになりそうです。
放っておくとすぐに「働きマン」状態になってしまうので・・・

人生で最大の危機

休職中最大の課題は
「体調管理」ではなく「体重管理」だった。

勤務中は夕方おなかが減るとお菓子を食べ
夜中の1時や2時に夕飯を食べたりしていたので
(それも会社でコンビニで買ったものを食べたりすることも多かった)

「不規則な食生活(+加齢による基礎代謝の低下)が原因の体重増」

と認識していた。

なので休職中には
「規則正しい時間に食べる」
「(家にいる限りは)夜9時以降は食べない」
「ストレッチは毎晩」
「加えてビリーなり筋トレなりをする」
というルールに則り生活してたのに

・・・太ってしまった
なぜ~

「(仕事の)ストレスがなくなったからじゃない?」
と友達に言われて
「ダイエットのためにも働くか・・・」
と思った私でした。

「太る」

「服が合わなくなってくる」
「好きな服も着られなくなる」

「余分な出費が必要」

秋冬もののスーツが入らなくなっていたらどうしよう・・・
絶対に避けないと。

クリエーターが好き

あたしは全くクリエイティブな人間ではない。
「無」から何かを産み出すというタイプのことには才能がない。

小学生の頃、工作の課題などは非常に苦手だった。
「〇〇と△△を使って好きなものを作ってきなさい」
と言われても頭の中に何も浮かばず、かなり辛かった。

絵を描くのは大好きだったけれど、それは風景画や静物画など
「真似るものがある」ときだけ。抽象画なんて絶対に書けなかった。

「真似る」「改良する」ほうが得意なタイプの人間てことなのだ。

なのでクリエーター的な才能を持っている人にとても惹かれる。
クリエーターの人たちもいろんな学校に行ってスキルをつけているけれど
生き残る人はそれに「センス」「個性」というものがプラスされている。

私もビーズ教室へ行けばビーズのネックレスは作れるようになるだろうけど
自分でデザインや色の組み合わせを考えて新しいネックレスを考えるってのは無理。

ということを改めてこの方と会って痛感。
シルバーワイヤーを使ってアクセサリー小物を製作されています。
カウンセリングをしながら、その人のイメージに合ったデザインを提案できる
というのはやはり才能でしょう。

去年夏向けのネックレスを一つ作ってもらったのですが
先日いろいろなサンプルを見せてもらって秋冬ものが一つ欲しいなぁと
思い始めました。



職場復帰

会社で「復帰に伴う面談」なるものを受けた。
「本当に復帰できるのかどうか」を「産業医、HR、上司 VS. 本人」で話し合うのだ。
主治医の先生というのは、本人しか見ていないが、産業医とHRが入ることで
違う見解、例えば
-体力的にはOKと主治医は判断しても業務量を考えると会社的には難しい-
とかができるいうわけだ。

そういう機会を批判するつもりはない。あったほうが良いでしょう。
がしかし、私は休職する前も休職中も産業医に会ったこともなければ
体調を聞かれたこともない。HRの担当者とも今回初めて対面した。
こういう機会を設けるなら、休職中に産業医とだけ会うとか
HRがヒアリングするとか、そういうことがあるべきではないのか?

初対面の人達のところに上司が加わっての「面談」は
こちらにとっては全く心を許せるものではなく
「個人プライバシーインタビューされている」ような感じだった。

症状を話すのはいい、が上司の前で休職するほど体調を崩した原因を
ぶちまけられるほど理性は失っていないわけで、私にしてみれば
「本音は言えない割に、なんだか個人情報をたくさん暴露してしまった」
という感じだった。

上司に大半の原因があって休職してしまった人だったら
きっとこの面談に耐えられないと思う。

で結論としては15日から復職。でもしばらくは残業禁止。
残業禁止なんてマネージャという立場で本当にさせてくれるんかい!?
というのが一番大きなマークですな。





ステーキはお店で食べるものではないらしい

「(疲れているので)お肉を食べに行こう291
という私のリクエストに
「お姉さん、家でステーキやったほうが安いですよ」
と答えてくれた義理の妹。

いや、それは分かるんだけど、私には
「家で肉を焼いてお店以上の味を出す自信はない」
のでそんなアイディアはないわけで。

ちゃっかりいつものように義理の妹の手料理にすがるダメ小姑

【“ステーキはお店で食べるものではないらしい”の続きを読む】

ダメじゃん

先日の「ある一定期間の記事が消えた件」でfc2へ問い合わせをしたところ
「キャッシュから失ってしまった記事を取り出してコピーし
それを同じタイトルでアップすれば
記事も復活、コメントも正しくリンクされます」
とレスが来たので
キャッシュが更新される前にwordファイルへ内容をコピーして80%復活。

でも・・・

1) 記事をアップするときに「続きを読む」という形でヘッダ的な記事と内容を分けていたものは、内容のほうはキャッシュからも参照できなくて、復活不能だった。

2)消えてしまった記事についていたコメントの内容は見られなくなっていたのだけど、それは見えるようになった。でも正しくはリンクされていない・・・

ま、サーバの事故とかは避けられないものだと思うのだけど
バックアップとか取ってないのかな。
というかバックアップの間隔が空きすぎていて
半月分がなくなってしまったということなのか。

私みたいに日記的な人は怒りも流せるけど
ビジネスライクに使っていた人の怒りはすごいよ。
サポートページでは「金返せ」状態。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。