2008 031234567891011121314151617181920212223242526272829302008 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無視、称賛、非難」という若手育成術

昨日カンブリア宮殿を見ていたら、野村監督の回の一部を再放送をしていた。
そこで野村監督が語っていた若手育成術が「無視、称賛、非難」。

ダメなやつは無視、伸びてきているやつには称賛
ある程度できるやつには非難、なんだそうな。

無視は同感。期待してなければ叱る気にもアドバイスする気にもならない。
称賛も同感。頑張っているなぁ、伸びてきているなぁ、と思う後輩は
誉めてやる気を促進させる。

でも非難はなぁ。
野村監督いわく、「できるやつには期待しているんだ。だから
直して欲しい部分に要求ばかり出てくる(表現はかなり違ったけど)」
ってことらしい。
古田さんも「怒られてばかりでした」と言っていた。

理屈は分かるんだけど、私なら非難ばかりされていたら
へこんでしまって潰れちゃいそう。
私が野村監督の部下になったら伸び悩みそうだな。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。