2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業増加中

来週一週間、会社がお休みなので仕方ないんですが
非常に忙しいです。

それも意味のある忙しさならまだしも
同じ部署のメンバ(アメリカチーム)の尻拭い的な仕事で。
不毛な忙しさです。

私が属している部署はアメリカにあるけれど
同僚1人除いて上司も含め後は全員アメリカ在住。
そうする何が起きるって
「日本でのどたばた具合の臨場感が伝わらない」
「ケアレスミスがその後日本側でどんなに大事に
なっているか伝わりづらい」
ってこと。

そして日本の臨場感を伝えて
「他の部署からもクレーム来てます。
(その内容に完全同意)
だからもっとちゃんとやってー」と頼めば

「君たちは日本側の部署の人間じゃない。
ちゃんとやっている仲間を責めるのか」
くらいのこと言われるからなぁ。

最終的には
私の部署 VS. 他の部署
というより
日本人 VS. 外人
という戦いになってきている気がする・・・
スポンサーサイト

ROOKIES最終回

本当に久しぶりにドラマにはまりました。

rookies

最初はイケメンがたくさん出ているから自分ははまっているのかも・・・
と自分の感性を疑っていましたが、そうではなく
役者さんが粒ぞろいでストーリーもうまくできていたので
はまってしまったのだと再認識。

最終回は週末で2回観て、2回とも泣きました(笑-単純)。

実際これだけの数の役者さんが各自個性を出しているドラマも
最近なかったでしょう。
主役+数名、以上、他は記憶にも残らず、というほうが多くて・・・
加えてアイドル(某Jとか)が絡んでなかったというのもよかったのかも。
映画で活躍している役者さんも多かったから。

ニコガクナイン、実際の10代は二人くらいしかいなくて
20代半ばとかで高校生は演じられるのか?と最初は思っていたけど
それなりに大丈夫でしたね。貫禄はありましたが(笑)。

しかし佐藤隆太はこういう役が似合うなぁ。
前にも書いたけど織田裕二よりずっと先生役が合ってる。

ただ最終回に向けてTBSでやたらと番宣していたのは
ちょっといただけなかった。
メンバがあちこのTV番組に出すぎてたし。
そこまでして視聴率を上げることが使命なんかねぇ・・・

夏野菜の代表

子供の頃食べたことがないものは
大人になってもなかなか食べるチャンスがなかったりするものだけど
私にとってはこの野菜がそういう食べ物でした。

この独特の香りというか刺激と食感に案外はまって
夏になると必ず買うんだけど、3つで200円くらいしたりして
薬味以外に使うには割高な野菜だなぁと思っていたら
友人から彼女の家の庭で取れた茗荷をたくさんもらっちゃいました。

これだけあると壮観。自生する茗荷はピンクじゃないんだぁ。
刻んだキュウリに大量にまぜてサラダにするという贅沢。

myoga

週刊東洋経済「エアポート&エアライン」特集

先日、実は飛行機好きだという記事を書きましたが
タイムリーにこんなものを会社で発見しました。

会社のフロアで購読している雑誌の一つが東洋経済。
普段はほとんど読みません。
疲れたときに、休憩がてら目を通すことはあるけれど
基本的に私には難しいので(苦笑)、全部を読もうなんて
思うことはないのです。

が今日は借り出してきちゃいました。
なんたって特集が
『エアポート&エアライン』

成田空港のダメダメぶりや地方空港の頑張りぶり。
世界のハブ空港のすごさなどなど面白ネタ満載。
なんたって36Pも割かれているので。

まだ半分も読んでないですが、
例えばJALでは国際線用と国内線用とで分かれていて
機内食を出す設備を設けない代わりに定員増している。
でもそのせいで、機体を国際線、国内線の間で
融通を利かせることができないから非効率的だとか
実は管理している組合まで完全に別だとか。

へーっと思う部分が多々。
しかし、航空業界はなかなか体制が古いようです。

早生まれは損なのか?

今週号のAERAに
『早生まれはソン学歴にまで格差』
という記事が載っていた。

『①小学生と中学生では同じ学年の最年長者と最年少者の間に偏差値で
2から3の差がある。
②国私立中学校の4月生まれの在学比率は7%に対し、3月生まれは4%
③最終学歴に関しても、男性の4大卒業率は4/1生まれのほうが4/2
生まれよりも男性で2%、女性で1%低い』

とのこと。
そんなに大人になるまで格差があるのか!?

なんと我が家の姉(私)弟は二人とも早生まれ。
(ついでに親も両方とも早生まれ-蛇足ですが)

別に勉強や運動に付いて行くのが大変だと思ったことはない。
小学校低学年の頃から足も速かったし、体育は得意科目の一つだった。
いつもクラスでも後ろから数番目の背の高さがあったし、
田舎だったというのを差し引いても
別に勉強や運動に付いて行くのが大変だと思ったこともない。

弟は3月の後半生まれだったので、もしかしたら私よりは苦労
したのかもしれないけど、それでも「ソン」と感じたことは
なかったと思うんだよね。
弟は小さいときから賢かったし。

それよりは4、5月生まれの同級生が
「あ~もうXX歳だぁ」と嘆いている横で
「私はまだまだだもんね」と得に思ったことのほうが多い。

ただ今の時代、他の子と戦うのが幼稚園入試だったりするので
その年齢では確かに、早生まれは損なのかもしれない。

私の姪っ子は2月生まれで、確かにとても小さい。
今4歳だけど、一年前に幼稚園受験をしようとしていたら
他の子を蹴落とすのは厳しかったかもなぁ。

最近の私立小学校の入試では月齢ハンデを意識して
『生まれ月を考慮する』
ことにしているらしい。
でもこれはこれで甘やかしのような気もするのですが。

魚の値段が上がらないわけ

ここのところの原油高には本当に参ります。

数ヶ月前に298円で特売されていたゴマ油がいまや498円。
パン屋に行ってみたら、全体的に10-20円上がっているし
牛乳も「特売!」なんて書いてあっても以前に比べたら
特売値段じゃなく、普通に売っていたときの値段だし。

でも実は魚の値段はまだあまり変わってないのです。

漁業関係者がこの前ストやってましたが、何故漁業関係者だけ?
農業従事の人は困ってないのかしらん?
と思っていたらニュースでやってました。

野菜の場合は生産者が卸価格を決められるけど
魚の場合は小売業者が力を持っていて
「この価格でおろしてくれ」と言うらしい。

かつ農産物と違って、生産者から小売業者の間の仲介業者が
多いので、より漁師にとっての卸価格が下がっていくというわけだ。

その比率は小売販売価格を100円とした場合
野菜は44円が生産者に渡るところが
魚の場合は24円しか渡らないらしい。

いまどき仲介業者の数が多いとういこと自体が
生き残っていくことが難しいわけで
この仕組みが変わらない限り、魚の値段は違う意味で
(捕れない。捕りに行く漁師が減る)上がっていくと思われます。
それじゃ、意味ないだろう・・・

熱血教師対決?

私がROOKIESにはまっていることは前にも書いたのですが
昨日始まった『太陽と海の教室』が同じような青春ドラマだったので
初回じっくり観てみました。

が、熱血度はやっぱり佐藤隆太のほうが勝っているかな。
織田裕二って先生っていう感じじゃないんだもの。
「キザで格好つけているよそ者」って感じ。
わざとらしさが上滑りしたままっていうか。

佐藤隆太のほうが(ハンサムじゃない分か?)「わざとらしさ」が
本音に近い感じを受けるのよね。

生徒役の役者の粒もROOKIESに比べると小さいよなぁ。
魅力的な子が少ないというか・・・

ってどちらも所詮ドラマなので、熱くなる必要はないんですが
もし本当にあんな教師がいたら・・・と考えても、やっぱり
佐藤隆太かな。

ROOKIES今週土曜日最終回です~

飛行機フェチ

実家から車で15分くらいのところに空港がある。
自転車だと30分くらいだったので子供の頃はよく飛行機を見に行っていた。
そのせいか、いまだに空港に行くと「見学デッキ」に行きたくなる。

航空機の離発着はどれだけ見ていても飽きない。
あの鉄の固まりが轟音とともに離陸するときの壮大さ
遠く豆粒くらだった機体が徐々に近づいてきて、器用に方向転換し
滑走路に後輪から降り、前輪がスムーズにつくその繊細さ。
なんか惹かれるんですよね。「やるじゃん」みたな感じ。

特に大型機の離発着を見るときはドキドキ。
同じくらいの大きさの機体なのに、微妙に滑走路に降りる場所が違ったりすると
「ちゃんと前輪がついて逆噴射は間に合うのか」とか
「そんな助走で無事飛び立てるのか」とか。

ま飛行機は車よりも安全な乗り物なので、そんなことは私が悩むことでは
ないんだけど。

こちら初のセントレア。
このサイズの写真では不明瞭ですが、私は飛行機の尾翼のマークで
航空会社を見分けるのも得意です(笑)。

centrea

今年は猛暑?

諸般の事情があって、今週は帰省中。
しかし、名古屋は暑い。今日は36度だって。

おまけに実家のマンションは今建物の外壁塗りなおし工事中で
外に足場が組まれ、網のようなものが張られている。
加えて日によっては「窓開け厳禁」となるという状況。
こういう日は洗濯物を干すのもNGとなるので不便なことこの上なし。

とりあえずガンガンに冷房を入れればいいのかというと
古いマンションだから、ちょっといい気になってあちこちで電気を
使うと、すぐにヒューズが飛ぶのだ。

昨日はクーラー入れて、扇風機で風を拡散して、いろんな部屋で
電気をつけている状態で、お風呂に入りながら換気扇をONに
したら一瞬にして闇になった(苦笑)。

お湯も電気で沸かす仕組みの我が家。
シャワーも一気にぬるくなった。

すねられるのは・・・ちょっと困る

上司にすねられてしまいました(苦笑)。

私はプロマネに任命されたからには、責任を持ってできるだけ精度の高い
deliverableを出したいと思っています。
それをできればあまり残業せずに達成できればベストなのですが
諸般の事情により最後はスパートかけざるを得ないこともあると思っていて
今回そんなケースがあったので、提出日前数日間はアメリカの同僚に対して

「こことここがまだ固まっていないから、固めて」
「ここにケアレスミスが残っているから、もう一回レビューして」
「積み残しがでるなら、その理由と解決目処明らかにして」

とどんどん頼んでました。
そうしたら上司は自分の領域を侵害されたと思ったようです。

加えて
日本にいる同僚は「こんなにできてないなら休日出勤して少しやりましょう」
と言ってくれ、二人して土曜日に休出したのですが
アメリカ側からすると「休日潰すくらいなら、『これだけ残ってます』で
提出したほうがよい」ということだったらしく、私達が休日にラストスパートを
強要した感じになってしまったのも、気に食わなかった模様。

あ~ややこしや・・・
国民性の違いを感じましたね。
あと、上司の性格がよく分かりました(苦笑)。

でもその休出のおかげで、精度はぐんと上がったんだけどなー

XXも鳴かずば打たれまい

甥っ子は小学5年生で、もう中学受験の準備に入っている。
週末も勉強しなければならないので
私の相手はなかなかしてくれないのだけど
私に教養がないことが、彼のプライドをくすぐるようで
(私が答えられないことで、自分が優位に立てる)
すぐに私に質問を出したがる。

今日の質問は
「ねぇねぇ、『XXも鳴かずば打たれまい』のXXに何が入るか知ってる?」
だった。

当然そんなん忘れてます。
「トリでしょー」
「そんなん普通すぎんじゃん。『キジ』だよー。
そんなのも知らないの?」

そんなん知らなくても仕事はできるよ~と言ったら
弟に睨まれました(爆)。

でもなんでキジ?

投げ出すのは止めてくれ~

今、アメリカ(西海岸)とイギリスと仕事しているんですが
今日はアメリカで向こうの夜までにある資料を作ってもらって
それをイギリスへ送ってもらうというタスクがありました。

がなんと日本時間夕方の5時になって
「ごめんなさい。資料が出来てないの。
だいたい固まっているんだけど、イギリスへ送れるような
状態にはなってないの。
でも私はもう時間切れだからどうしたらいい?」
と来た。

え?君の仕事ですよ。
時間切れって・・・確かに現地時間の深夜ですが
あと2時間くらい頑張ればなんとかなるものを
ギリギリになって投げ出されても・・・

という説教をしてなんとかやってもらおうと思ったけども
向こうに自分でやる気が見られなかったので
結局日本に引き上げてこっちでがーっとまとめて
なんとかイギリスへ送りました。

こういうとき自分の部下なら
「君の仕事のやり方はいかがなものか」と
説教してやるところだけど、アメリカの組織は「横並び」で
私がその人に説教できる立場じゃないんだよね。
上司は現状理解しているのだろうか・・・

新しい(?)野菜

最近この野菜にはまってます。
スーパーで偶然見つけて買ってみたら、想像以上に美味しくて
最近は毎週買ってます。

別に特別な味がするわけでもないのですが
海草の間みたいな食感なんだけどいい意味で野菜臭さもあって
これをさっとゆでてポン酢とゆずコショウで食べると美味しいのです。

野菜のおひたしって案外水っぽくなって、野菜の味が抜けがち
なんだけど、これはしっかり味が残るのがいい。
って単にいつもゆですぎってことでしょうか。

暑くなってくると野菜をガシガシ食べたくなりますね。

okahijiki


一目ぼれ

最近はバーゲンと言ってもセールにならない商品も多いかわりに
かなり長い間セール期間が続くようになった気がする。

なのであまり最初から飛ばさないようにしないと気づけば散財・・・
というパターンになるのですが、今日は5分でこのバッグをゲット~

渋谷に着いたときに「あ、まだデパート開いてる」と思って
バッグ売場で5分で決定。

カーキという渋い色に、可愛いデザイン、そして持ち手が
肩掛けにもショルダーにもなる汎用性もあり。
全く迷いなし。

今の会社はカジュアルな格好でOKなのでヘビロテしそう。

bag

新しい命

先日外国人の友人宅へ新生児を見に行きました。
生まれて2ヶ月。
日本人の赤ちゃんならまだ首が据わらず、首をちゃんと
押さえてあげないとだめですが、さすが外国人の赤ちゃん。
頭が小さくて軽いせいか(そして手足は長い!)首は据わってます。

人間の赤ちゃんがいろんな人に構ってもらえるのは
1人では生きていけないということを全身で訴えているからだと思う。

仕事場ではそんな訴えをしても「できないやつ」と思われるのが
オチですが・・・

小さな手のひらには何を握っているのであろうか。

maiya

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。