2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な女

外資系でも今の会社ほど当たり前のように英語を使う会社も実はそう多くない。
一日一度も英語を使わなかったという日は数えるほど。
部下に外国人もいるので、余計に英語メインの日が増える。

そうなってくると何が起きるか。
日本語話すときにも英語が混じるsnobbyな日本人になってくるんですねー。
(イヤな女だ)
でもこれは私だけじゃなく部下の女性陣たちも言っていて
客に向かって
「じゃあparticipant list(参加者名簿)お送りください」
「そこはmention(指摘)してなかったのですが・・・」
「その点はconfirm(確認)してからご連絡させて・・・」
などなどやってしまうと、この前なげいていた。

私も
「そこをjustify(正当化、証明)しないとダメじゃない?」
「あれってbook(予約)してあるんだっけ?」
「あの人をsecure(押さえて)して、それでnotification(通知を)送ればいいんじゃない?」
とかやってるんですよねぇ。

そこに何かルールはあって
間違っても「送る」を「sendして」とは言わなかったりするわけですが
自分たちではルール分からず・・・
イヤな日本人にならないように注意しないと。
スポンサーサイト

コメント


No title

私はそこをあえて日本語に直そうとして英語から直訳したような、不自然な日本語を話しているときがあります・・・(汗 

それは

今流行りのルー語ということにしておきましょう(笑)

No title

★erikaさん
はは(笑)、日本にいてもこうなんだからそちらで暮らしていれば加速するよねぇ。
そして日本語がおかしくなるってのは納得だわ。

★shuさん
「ルー語」と言われて我ながらちょっと引いた・・・
気をつけないないと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://showangels2007.blog88.fc2.com/tb.php/160-9beda574

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。