2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラリオン

今日は甥っ子を連れて『ドラリオン』を観に。
おととし『アレグリア2』を友人と観てかなり感動した私は
甥っ子達に今回のドラリオンをどうしても見せたいと思っていたのです。

撮影が厳重に禁止されていたので、残念ながら写真はなし。
でも、やっぱり、すごくよかった。
幻想的なステージとサーカスの融合。
美と筋力の融合。

舞台や衣装がきらびやかでなければ
動物の出演しないサーカスになってしまうのかもしれない。
でも舞台や衣装に凝り、ストーリー性を持たせることで
シルク・ドゥ・ソレイユはオリジナリティを確立しているといえる。

メインステージに出ている全員が、主役であろうとなかろうと演じている。
ミュージカルのアクロバット版というほうがいいのかも。

私自身何度も「おー」と声を上げ、自然と拍手をしていたけれど
甥っ子たちも大興奮。小学一年生の下の甥っ子も飽きるどころか
口ぽかーん状態で観てました。

そんな子供たちの姿を観て、私はもっとハッピーに。
甥っ子たちがシルク・ドゥ・ソレイユの一員になることはないけれど(笑)
こういうものをたくさん観て感性を磨いて欲しい。
刺激を受けて欲しい。夢を持って欲しい。
左脳を使った学問の道を究めることは何処ででもできるけど
右脳に刺激を与えるものは、やはり機会がないとなかなか難しい。

眼に見える効果はないと思うけれど、どこか心の奥に残っていて
いつか人間性とか芸術性とか感性の豊かさとか、何かの形で出てくると思う。

そういう意味でやっぱり子供時代にいい芸術とかに触れておくのは
とても重要だと思うのだ。

帰り道もずっと興奮して話している甥っ子達を観て
連れて行ってよかったなぁと思った伯母バカでした。
スポンサーサイト

コメント


No title

子供の頃に見た、舞台、コンサート、美術館、博物館、スポーツ観戦・・・
その感動が忘れられなくて、今でも足を運んでいるような気がするなぁ・・・

いっぱい体感させてあげられるといいですね。

No title

私も、シルク・ドゥ・ソレイユを年始に観にいったよ。
綱渡りのスターが失敗して、滑り落ちちゃってさー、カツラは客席のほうまで吹っ飛んじゃうし、ほんとびっくり。その後、しばらく心を落ち着けて彼は復活、また演技してたのだけど、また失敗するんじゃないかと観てるほうが、ドキドキ 心臓バクバクだったよ(笑

No title

★まーびんさん
ですよね。きちんと覚えていなくても、こういう経験はどこかに残っていると思うのす。
伯母バカぶりを存分に発揮したいと思ってます。

★erikaさん
えーそんな派手な失敗もあるんだぁ。今回も小さな失敗が幾つかあって、ドキドキしたんだけどね。アレグリアのほうが失敗がなかったなぁ。
メンバがかなり変わったのかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://showangels2007.blog88.fc2.com/tb.php/228-ce8b3beb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。