2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライン

今の会社に入って「ライン」という言葉を聞いたとき全然ピンと来なかった。

外資系人事の仕組みを理解するのに数ヶ月かかった私。
周りの人は当たり前だと思って説明してくれなかったんだけど
把握したときはかなりの驚きだった。

dollar


部署によるとは言え
「ライン(課長などの管理職)とはリソース管理をする人で
ビジネスをドライブする人ではない」
という感覚が普通だったのだ2

私の頭の中では
課長レベルだと
「playing managerであり、プロジェクトをリードすると同時に
自分の部下のコンピテンスを高めていく」
「自分の部署のビジネスをリードし大きな決断をする」
という感覚だったので。

実際過去の上司や自分の役割を思い出してみても
部長が大きなプロジェクトのプロジェクトマネージャで
課長がサブプロマネみたいな感じが当たり前だったし
上司というのは部下のコンピテンスを考えてくれる人であり
仕事のことを何でも相談できる人であり
迷ったときには決断してくれる人だった。

今の私の課はラッキーなのかアンラッキーなのかまだ部署が小さいので
私は同じような動き(自分の課の全ビジネスをドライブし責任をもって遂行する)
をしていられるのだけど
先日上司から

「この先ラインになりたいですか」
「ビジネスやっていきたいですか」

と問われて迷ってしまった。

人を育てて強いチームを自分の力で作って
そしてビジネスをドライブしていく
というのは普通じゃないんだろうか。

外資だときっぱり分かれてしまうみたい・・・

確かに組織が大きくなってくると両方やるのは難しいのも事実。
ただ一緒に仕事をすることのない部下の強みや弱みをどうやって把握して
どうやってその人のコンピテンスを伸ばしていくのだろう。
仕事をする上では専門知識だけではなくビジネススキルも必要で
ビジネススキルはトレーニングじゃ教えられないことなので
「上司の背中を見て仕事の仕方を学ぶ」
って大事だと思うのです。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://showangels2007.blog88.fc2.com/tb.php/97-6b1d89f0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。